FC2ブログ
2018/10:- 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT [--/--/-- --:--] スポンサー広告 コメント(-)

人は存在しているだけでも価値(存在価値)があります。
しかし、自分に存在価値があると は思えない人、また、慢性的な虚しさを感じている人等は、他者に何かをすることで自 分の存在価値を満たし、虚しさを埋めようとします。

共依存とは人間関係へのアディクション(のめりこみ)であり「自己喪失」の病いです。

自己喪失とは、自己信頼感の欠如であり、自己否定に繋がっています。

しかし、通常人は自分が自分を否定する状況には耐えられません。
そこで、他者に自己を肯定してもらうことによって、自己価値の充足を図ります。
そのため、自分に価値を与えてくれる人に必要以上に固 着し、何かをしたがり、つきまといます。

恋愛においては、パートナ-に自己価値を譲り渡しており、パートナ-のことで頭がいっぱいになっています。

自分のエネルギ-をパートナ-のために使い果たしてしまい、自分のために生きることが出来ません。
「パートナ-に必要とされる」ことで、自分の存在価値を見 出すため、必要としてくれるパートナ-との関係に依存します。

パートナ-に尽くしすぎたり、自分の欲求を抑えてパ-トナ-に合わせ過ぎたりとしんどい 思いを感じる時もあります。

そしてパートナ-に振り回されていると怒りを感じるかも知れません。

しかし、献身や自己犠牲が見えない力となってパートナ-を縛りつけていることには気がつ かないのです。

社会学者ギディンスは
「存在論的安心感を得るために、自分の欲求を定義するために他者を必要とする人」
と指摘しています。

自己評価や同一性を他人に委ねる「自分らしさの喪失」「関係性の病理」です。

EDIT [2009/12/02 11:02] 未分類 Comment:0
<< |  BlogTop | PageTop  | >>
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

 

Author: 

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ
フリーエリア

  • seo
ページビューランキング ブログランキング『Girls Power』
BBS7.COM
MENURNDNEXT
◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆
広告のお問い合わせ ◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。